激安のぼり店は発注枚数が多くなるほど安くなる。

Posted on

激安のぼりを利用するためにデータの作り方を覚えたり、デザインの作り方を研究したりと、孤軍奮闘した人も多いでしょう。

しかしそれよりも大切なのは、まとまった枚数を何枚発注できるかです。

激安は枚数の多さがポイントです。

・たくさん並んだのぼりは「半端ない」活躍をする!そんな参考画像はコチラ⇒https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/06/21/kiji/20180620s00002009509000c.html

筆者の体験を紹介します。

■激安といっても1枚の発注で500円ではない。

たとえば1枚500円からというのぼりの激安価格をみて、“1枚でも500円”と勘違いしている人はいませんか?表示や宣伝にある1枚500円というのは、100枚頼んだら500円など、大量枚数の発注をした場合の単価です。

枚数と価格の関係は激安店によって異なりますが、筆者もそれを知らず大恥をかきました。

■枚数以外にもあるコストダウンの方法いろいろ。

のぼりの激安店には、枚数によるコストダウン以外に、納期をお任せにすれば2割以上安くなるといったサービスの店があります。

作り方や完全なオリジナルにこだわらず、店側のデザインに任せれば、それでも安くなるプランというのがあります。

データの作り方はプロに任せたほうが早いので、自分でやるよりはそのほうが一石二鳥です。

その代わり、途中段階でのデザインチェックはありません。

■激安でのぼりを依頼するときは、最低でも5枚・10枚を発注しましょう。

そうでないと激安にはなりません。

レストランなど個店経営の方は、のぼり枚数は10枚も不要だと思うでしょう。

しかしのぼりの寿命はどんな作り方をしても1シーズンが耐用期間です。

2枚ずつ使っても、1年で8枚を使う計算になります。

ある程度まとめないと激安にはならないので注意しましょう。


既製のぼりを活用して、簡単にオリジナルのぼりが作れる

Posted on

既成のぼりはオリジナルのぼりでないから、自分でイチから作り方を覚えてなどと、無駄な努力をしてしまった方はありませんか?そんな苦労をしなくても、既成のぼりを使って簡単にオリジナル化できます。

筆者も激安店で後からそれを知って損をしました。

■いいと思う既成のぼりをベースに作ってしまおう。

けっこうたいへんな思いをして作り方を覚え、オリジナルのぼりを作ったのに、後から激安店の担当者に聞いてみたら、「既製のぼりでも文字の差し替えや追加はできる」と言われた。

あるいはその事実を後から知ったなどという方はいませんか?既成のぼりはメリハリがあっていいと思っても、オリジナルでないからと、わざわざ自作する人がいます。

しかし激安の既成のぼりでも簡単にオリジナル化できます。

■文字の書体やカラーの一部を変えてオリジナルに。

デザインそのものを変えることはできませんが、文字の書体やカラーの一部を変えることは既成のぼりでも十分にできます。

激安ショップにもテンプレートがあるので、既成のぼりがデザインされたテンプレートの一部を差し替えれば、それでオリジナルの完成です。

サイズを変更することもできるので、事前に担当者に相談しましょう。

少しデザインを変えるだけでも、なんだか気分が違います。

・こちらは自らデザインをすることで熱い想いを届けたい!そんな記事をご紹介~http://www.isenp.co.jp/2018/07/07/20109/

■のぼり制作は苦手という人が、わざわざ作り方までマスターしてデータ作成しなくても、簡単にオリジナル化できます。

オリジナルに特別なこだわりがないなら、既成のぼりの一部を差し替えて効率よくオリジナル化してしまいましょう。

時間をかけ作り方を覚えても、初心者のうちは期待したほどの仕上がりにはなりません。

既成のぼりを活用したほうが早いです。


画像データが小さいと激安店でものぼりに採用してくれない

Posted on

画像データとのぼりの関係はよく相談事のランキングにも取り上げられますが、基本的には激安店でもどこのショップでもサイズの限界というのがあります。

筆者の私が体験したエピソードを紹介します。

■激安店なら大丈夫と思ったのに~。

これは筆者の私の体験ですが、細かいことを言わず、激安ののぼり店なら何でも発注者の言うことを聞いてくれるだろうという思いがあって、画像の小さなデータを拡大してオリジナルののぼりに使うようお願いしました。

ところが他店と同様に、小さすぎる画像はのぼりに転用できないという理由で断られました。

のぼり店では、文字も色も画像も、すべて印刷用のデータに置き換えてから印刷に入るのだそうです。

画像が小さいとその置き換え作業ができないとのことでした。

大きさには限界があるので、気になる方は事前に確かめておきましょう。

■のぼりデータの作り方はどこでも同じ。

激安店に限った話ではなく、のぼりは制作者の指定したカラーや文字が、そのまま印刷データになるわけでありません。

印刷所が所有している書体やカラーの中から、もっとも近いもの置き換えていると、作り方を教わりました。

画像も一度は数値化して拡大縮小に耐えられるように置き換えているのだそうです。

■気に入った画像でどうしてものぼりに使いたいときは、発注前にこちらで拡大しておくと良いかもしれません。

気に入った画像で、これ以外にないという場合は、のぼり店に画像を送る前に、その画像を拡大して送るという手はあります。

その代わりそれを受け取ってくれたとしても、画像は確実にあれてしまうことを覚悟しておきましょう。