画像データが小さいと激安店でものぼりに採用してくれない

Posted on

画像データとのぼりの関係はよく相談事のランキングにも取り上げられますが、基本的には激安店でもどこのショップでもサイズの限界というのがあります。

筆者の私が体験したエピソードを紹介します。

■激安店なら大丈夫と思ったのに~。

これは筆者の私の体験ですが、細かいことを言わず、激安ののぼり店なら何でも発注者の言うことを聞いてくれるだろうという思いがあって、画像の小さなデータを拡大してオリジナルののぼりに使うようお願いしました。

ところが他店と同様に、小さすぎる画像はのぼりに転用できないという理由で断られました。

のぼり店では、文字も色も画像も、すべて印刷用のデータに置き換えてから印刷に入るのだそうです。

画像が小さいとその置き換え作業ができないとのことでした。

大きさには限界があるので、気になる方は事前に確かめておきましょう。

■のぼりデータの作り方はどこでも同じ。

激安店に限った話ではなく、のぼりは制作者の指定したカラーや文字が、そのまま印刷データになるわけでありません。

印刷所が所有している書体やカラーの中から、もっとも近いもの置き換えていると、作り方を教わりました。

画像も一度は数値化して拡大縮小に耐えられるように置き換えているのだそうです。

■気に入った画像でどうしてものぼりに使いたいときは、発注前にこちらで拡大しておくと良いかもしれません。

気に入った画像で、これ以外にないという場合は、のぼり店に画像を送る前に、その画像を拡大して送るという手はあります。

その代わりそれを受け取ってくれたとしても、画像は確実にあれてしまうことを覚悟しておきましょう。